FXの正しいやり方を調べよう

専門用語を覚えてから始めよう

FXには、専門用語があります。
例えばレバレッジという言葉があるので、意味をしっかり覚えておきましょう。
レバレッジとは、元のお金に数を掛けることを言います。
元のお金を倍にして、FXでは利益を得ていきます。
初心者が陥りやすい失敗は、いきなり大きなレバレッジをかけてしまうことです。
大きなレバレッジを掛けると、失敗する危険性が高くなるので初心者は控えてください。

最大、25までのレバレッジを掛けることができます。
しかしいきなり25倍にすると、失敗した時に全財産を失う恐れがあります。
最初は、2倍から初めてください。
2倍にしたぐらいなら、万が一失敗しても大きなダメージにはならないので、これからも続けられます。

ロスカットのシステムを理解する

ロスカットとは、損失が大きくなった場合は強制的に取引ができなくなるシステムです。
それ以上損失を増やさないため、ロスカットを上手く使ってください。
強制的に取引ができなくなるのは、口座に入っているお金が少なくなった時です。
損失を増やさないのは良いですが、すぐに取引を再開できないので早く資産を増やしたいと考えている人にとっては少し困るかもしれません。

最悪の場合にだけロスカットが発生するように、口座に5万円から10万円はいつでもいれていた方が良いと言われています。
取引が停止させられていた時に、良いタイミングが来ても行動できないのでチャンスを逃してしまいます。
本当に危なくなった時にだけ、ロスカットを発動させましょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ